医療機器  
医療機器紹介
レントゲン
最新のX線システムを導入し、診断はデジタル化された写真を大型24インチパソコンモニターでいたします。健康診断や他の医療機関受診に際し必要な場合、従来どおりのレントゲン写真を出力する事も可能です。
 
心電図、ホルター心電図
不整脈や狭心症、心筋梗塞をはじめとする心疾患の有無を評価する検査です。心電図のデータも全てパソコンで管理するので過去との比較を容易にできるようになっています。ホルター心電図では24時間の心臓の様子を観察でき、各種心臓疾患の治療方針を立てる重要な検査データを得る事ができます。
 
呼吸機能検査
肺の機能を評価する事ができ、肺年齢を調べる事ができます。息切れや動悸がある、喫煙者で肺の状態が気になる方は一度調べておく事をお勧めします。高度に呼吸機能が低下している方は在宅酸素療法や非侵襲的陽圧呼吸療法(NPPV)を使用する事で日常生活の質を高める事ができます。
 
睡眠時無呼吸症候群検査
最近注目されている睡眠時無呼吸症候群は肥満体型の方に多いとされていますが、体型にかかわらず無呼吸発作が出現する方もいます。夜間いびきがひどく熟睡できず、日中の眠気が強い場合には検査しておくと安心です。また心臓疾患を持っている患者さんで無呼吸時の低酸素が原因で心不全症状が悪化する事が報告されています。 無呼吸発作が認められ、必要な方にはCPAP等の適切な治療をご提案いたします。